« YAMATO TRANSPORTからのメイル | トップページ | 「気付け」って、英語でなんて言う? »

2005年7月19日 (火)

初注文の内容

さて、初めての海外からの個人輸入で何を買おうか?ある意味、この時間が一番楽しい時でもあります。予算と相談しつつ・・・。色々考えて、以下の4社からいくつかのものを購入することに決めました。

Amazon.com:http://www.amazon.com/

アマゾンは日本でも書籍販売で有名ですが、本場米国のAmazon.comでは電動工具まで扱っていて、えらい驚きました。しかも、むちゃくちゃ安いのです(日本への送料とか計算に入ってませんけどね。)!

Makita RF1101KIT2 2-1/4 H.P. Industrial Router Kit

ハンディルーターが欲しいと思っていました。マキタの3612が良いかとは思っていたのですが。自宅で使う可能性もあるし、「静かな方が良いなぁ」、と探していたところ、Re:Woodworkingさんのところで、「このクラスで最も静粛である」と出ていたのに惹かれ、米国マキタのこれにすることにしました。ちなみにこの商品、Amazon.comでは定価の半額近くで出ているのですが、アフターサービスの問題などで、日本に直接送ってもらうことができません。ところが面白いことに、米国内の運送会社に一度送ってもらい、そこから日本へ送ることには何ら問題がないようです。

Porter-Cable 557XXX Professional Plate Joiner Kit

Porter-Cable 5554 1000 Assorted Biscuits

 高山で木工を学んでいたときは、板矧ぎはイモか雇い実でした。しかし、例えば一人でやるとしたら実溝着くのだって一苦労だしねぇ。と考え、ビスケットジョインターを購入することにしました。ビスケットの詰め合わせと一緒に頼んだら、どういう訳か単体で買うよりも安く買えることになりました。アメリカの人の考える事って、時々、不思議ですよね。それで本当に儲かっているのかな・・・。

Woodpeckers, Inc.: http://www.woodpeck.com/index.html

兼ねてからテーブルの甲板の反り留めなどに用いる、蟻桟の加工ができるようにしたいと思い、ルーターテーブルが欲しいと思っていました。一から作れる時間があればそうしたいのですがなかなか難しいので購入することに。ルーターテーブルを扱っているところは他にもいくつかあったのですが、頑丈そうであることと、プレートの交換などがシステマティックに思えたのでここに決めました。

LE Router Fence Package with Phenolic Plate for Makita RF1101

脚も売っているのですが、重量があってかさばりそうなので、送料等を押さえるためにテーブルとフェンスのセットを購入し、脚周りは自作することにしました。

MLCS: http://www.mlcswoodworking.com/

スパイラルビットなんかは、国内で探すとえらい高いのですが、アメリカからだとかなり安くなります。ここはルーター用の刃物がかなり充実しています。話は少し違うのですが、YAMATO TRASPORTMLCSの輸入代行をしている会社のオーダーに関わっているとかで、送付先をYAMATO TRASPORTとしたところ、MLCSの担当者から「リファレンスナンバーを連絡して下さい。それがないと発送できません。」とメイルが来たり、YAMATO TRASPORTの担当者から「オーダーの経緯を教えてください。」とメイルが来ましたが、日本から個人で直接、発注している旨を伝えたところ、問題は解決しました。

Spiral Upcut Starter Set #200

Router Bit Set #6084 Round-Over Beading 1/4" Shank 4 Piece#6084

Router Bit Set #8385 Dovetail 1/2" Shank 5 Piece #8385

 今回は、スパイラルビットと蟻ビット、坊主面ビットのセットを購入することにしました。

Grizzly Industrial  Inc.: http://www.grizzly.com/

 Grizzly100Vで使える比較的大型のものから200Vの大きなものまで据置型の機械を多く扱っていますが、デルタなんかと比較すると、同等の性能のものがかなり、安くなっています。その他、電動工具やらクランプやらの小物類もかなりの数、扱っています。他の3社についてはネット上でSSL対応のサイトからカードでの支払いが可能でしたが、ここだけは主に米国内で発行されているカードに付いているAVSという認証機能?付きのカードでないとカード支払いができないと言うことで、銀行から送金しました。ところがこの送金の時にかかる手数料が送金額に関わらず一件¥4,000掛かるということで、発注額に対してかなり高く付いてしまいました。

BESSEY TRADEMANCLAMPS 12"G3317

 バンドソーとか、小さい集塵機が欲しいなぁと思っているのですが、その辺はもう少し先にすることにして、今回はドイツ製のFクランプを注文してみました。

|

« YAMATO TRANSPORTからのメイル | トップページ | 「気付け」って、英語でなんて言う? »

コメント

おじゃまします。

米国の木工機械、安いですよね。送料ナシで買える彼らがうらやましいです。

Amazonの商品は指をくわえてみていたのですが、forwarderを通せば買えるんですか!しかも日本語が通じるなんて!知りませんでした。今度またいろいろ教えてください。

投稿: フォレスト | 2005年7月21日 (木) 01:42

フォレストさん、Amazonの件はどうやらそういうことのようですよ。こちらこそ、いつも色々とRe:Woodworking参考にさせていただいます。フォレストさんの個人輸入の話題なんかもあったら読ませてください。楽しみにしています。

投稿: TAZAWA | 2005年7月21日 (木) 22:44

はじめまして。
個人輸入好きのpongooと申します。
amazonは遠い国の夢のお話と思っていたのでforwarderの事は目からウロコです。
amazon以外の輸出お断りのshopも、この方法で輸入の道が開けるかもしれませんね。
ヤマトロジスティックは送料の安いイギリスにも支店があるのでヨーロッパからの輸入も、、、なんて夢をふくらませてしまいました。

ヨーロッパはともかく、近いうちにamazonにチャレンジしてみたいと思います。貴重な情報をありがとうございました。

グリズリーは何回か輸入の経験があります。
Faxで注文品のリストとカード番号を送れば対応してくれるので、銀行のお世話になることはないとおもいますよ。ちなみに私のカードはMCです。

投稿: pongoo | 2005年9月29日 (木) 23:35

 pongooさん、コメント有り難うございます。HPの方は以前から時々、拝見させてもらって、色々参考にさせていただいてました。
 forwarderを通せばamazonから買えるというヤツは、私も確かどこかのHPでそんなことが書いてあったのを見たような気がして、ダメ元でやってみたら、なんの問題も有りませんでした(笑)。
 グリズリーの件は、私の友人にも話してみたら、「前はそんなこと言われなかった。」と言ってました。FAXならなんの問題も無いって事なんですかね。今度はFAXで注文してみます。

投稿: TAZAWA | 2005年10月 2日 (日) 00:37

はじめまして
私も個人輸入でFETSOOLの電気道具が欲しいのですが、
初歩的質問をさせて下さい

そのまま日本でも使えるんでしょうか?
電気の電圧?とかコンセントなど…

よろしくお願い致します

投稿: matsunori | 2012年4月17日 (火) 14:34

matsunoriさん、コメント有り難うございます。

 ちょっと、余り時間が取れなくて、十分なお返事が出来そうもなく申し訳ないのですが。

 一般論として、アメリカで使うことを考えて作られている物であれば、とりあえず使えるとは思います。

 ただ、電圧が違うので、回転数が落ちたり、トルクに影響を受けると思います。

 周波数の問題もあります。日本向けの物は東日本と西日本の周波数の違いに対応していますが、海外の物はそうなっていません。なので、それにより、回転数などに影響を受ける?はずです。

 ただ、個別の機械・機種について、海外の物が日本で使用可能かは、ケースバイケースだと思います。モーターの作りとかが日本の一般的な物とは違うこともあったりするようで、煙が上がったりするのを見たことがあります、友人が購入した機械で。

 なので、matsunoriさんが使おうと思っている機械について、既に個人輸入されていてレビューなどを書かれている方がいないか探してみてはどうでしょうか。

 ちなみに、私が昔、個人輸入してつかっていた米国M○kitaのルーターは、スピードコントローラーがいかれてしまって、長いこと使っていません。国内で問題なく使っている方もおられるようなので、たまたま外れだったということかと思います。英語力と財力が有れば向こうに修理に出しても良いのですが、日本法人に修理を打診したところ、丁重に断られました。

 しかし、ビスケットジョインターは問題なく使っていますし、最近、やはり米国より購入したWoodlatheやWet Grinderは今のところ問題なく使えています。

 しかしながら、PSEに対応していない機械達なわけです。トラブルが発生したときには自己責任、多少のリスクは負う覚悟がある、少々のトラブルや不便さも含めて楽しめる気持ちがあるのなら、良いのではと思いますよ。

 いずれにしても、もっと具体的な解説をされている方がいると思います。探してみて、参考にしてみて下さい。

投稿: TAZAWA | 2012年4月18日 (水) 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101363/5063869

この記事へのトラックバック一覧です: 初注文の内容:

« YAMATO TRANSPORTからのメイル | トップページ | 「気付け」って、英語でなんて言う? »