« 今日から9月、 | トップページ | Yチェアー、 »

2008年9月 5日 (金)

椅子張生地、

0809051 最近、知人から椅子の修理の話しを受けていて。巷の家具屋さんで購入したというそのダイニングチェアは、座面がクッションになっていて生地を張ってあるものでした。

 中のウレタンは既に劣化して粉状になっていたので、座面の張替もお薦めしたいと思ったものの、開業してからはいわゆる張り地の椅子を製作したことがなく、「生地見本をどげんかせんといけん、」と考えていたところでした。

 どうしたものかな、と考えること数日。考え続けても仕方がないので、以前、中古北欧家具店に勤めていたときに使っていた、とある生地屋さんに問い合わせてみたところ、「ウチの製品についても御存知ということですし、そちらの方面に出掛ける用事があるのでついでに寄りますよ、」とのことで、生地の見本帳を届けていただくことができました。

0809052 うちのような小さな所にも見本帳を頂けるとはとてもありがたいことです。中を開くと、中古家具店にいたときに、「北欧ものだとザックリしたこんな感じが良く合いますし、実際、よく出てますけど~、」などとしたり顔でお客様に見せていた懐かしい生地が目に入ってきました。

 工房家具というスタイルですと、椅子の座面は木やペーパーコードで作ることが多いですが、布を張った座面も当然ながらとても良いものです。

 これを機会に、張り地の座面の椅子や、ベンチやソファーにクッションを+ということも積極的に考えていこうかと思います。

|

« 今日から9月、 | トップページ | Yチェアー、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101363/42400490

この記事へのトラックバック一覧です: 椅子張生地、:

« 今日から9月、 | トップページ | Yチェアー、 »