« ゆく夏や、 | トップページ | 椅子張生地、 »

2008年9月 1日 (月)

今日から9月、

0809014 つれづれなるままに、思いついたことなどを。フレームを作ったままになっていたスツールの座は昨晩になって、ようやく張り。

0809013 今日は夕方に納品の予定。黒く着色したものを納めて、ホワイトアッシュで製作した白いものは工房2Fに展示しておくことにしました。

 この手の椅子を作って、何人かの方に見てもらうと、必ず誰かひとりが、「蕎麦屋みたい、」と言います。イヤ、蕎麦屋の椅子って言われるのがイヤって訳じゃないんですが。出来るだけそう言われないような意匠を心掛けても、必ず言われてしまうのですよ。そんなときは少しクヤシイ思いです。

 ところで、「このまま秋になれば、今年はかなり秋が早いと言うことになるけれど、」と期待していたら、暑さはやっぱりぶり返しましたね。一時期の猛暑ほどでは無いけれど、この高湿度は作業するような仕事の身には特に堪えます。

0809011 そして、最近届いた郵便。「暮らしの中の椅子展」に入選したスツールは、この秋、長野にいるみたいです。少しうらやましい・・・。長野県信濃美術館で行われる、「美しい木の椅子展」と題された展示会は、「暮らしの中の木の椅子展」が巡回しているだけでなく、東海大教授の織田氏のコレクション、長野の木工家の椅子、日本のデザイナーの椅子などが展示される、かなり大きなの規模の木の椅子展となるみたいです。

 秋の信州なんて、最高ですよね。絵に描いたみたいだ。時間を見つけて出掛けてみたいところですが、さて、時間が作れるかどうか・・・。ちなみに、このチラシ、割引券にもなっています。ご希望の方は私のところに何枚もありますので・・・。

 この企画展と連動して、長野市内のギャラリーで木工作家の木の椅子展も企画されているようですし・・・。

 この秋、長野は木の椅子が暑い熱い!みたいです。

|

« ゆく夏や、 | トップページ | 椅子張生地、 »

コメント

ご無沙汰しております。

近頃の力を入れている蕎麦屋のインテリアは洗練されていて侮れませんよ。なので「蕎麦屋みたい」は今後、褒め言葉として受け取っておきましょう。
実際、こだわっている蕎麦屋さんにこのスツールがあったら素敵だなぁと思います。

・・・ということで駄目ですか?(笑)

投稿: 移動喫茶 | 2008年9月 2日 (火) 19:59

何だか告知までしていただき感謝でございますm(_ _;)m。

メールでもお伝えしましたように一見の価値はあるかと思います。首都圏でもこれだけの規模はなかなかないかと…

ぜひとも起こしただけましたら幸いですが、お仕事に無理がない程度に…

ちなみにスツールの件ですが、

蕎麦屋の椅子はこの編み方ではないし、第一ペーパーコードで編んでいませんから雰囲気はじぇんじぇん違うかと。

張り方、部材の形状から軽快感のある洗練されたデザインだと当方は感じておりますのでご安心を(^o^)
(あたしのコメントでどれだけの効果があるのやら(-_-;)…)。

それでわ

投稿: おでみつ | 2008年9月 3日 (水) 19:37

 移動喫茶さん、お久しぶりです。コメント有り難うございます。

 そういえばそうですね。

 座面の高さもSH35cmと低めなので、そういったお店でも使えるサイズだなと思っています。安曇野あたりでもどこでも、どこかの蕎麦屋さんで採用してもらえたらなぁ、なんて思うのですがね。

投稿: 木工舎 | 2008年9月 5日 (金) 15:18

おでみつさん、

 いや、お話を聞いていたことに加えて、自分の椅子も巡っていることだし、その、ギャラリーの方にもお誘いを頂いたりしたということもありましたし。

 中に入っていろいろされるとなると大変かと思いますが、成功をお祈りしております。出来るだけ私も脚を運びたいと思っていますので。

 そして、スツールの件。蕎麦屋の椅子は鹿の子編みではなく、いわゆる、封筒編みでしたっけ?

 >軽快感のある・・・
と、そういっていただけるととても嬉しいです。

 それにつけても思うのは、編み座の椅子を見ただけで、「=蕎麦屋」と思う日本人が多いという刷り込みの強さよ、というところでしょうか(笑)。

投稿: 木工舎 | 2008年9月 5日 (金) 15:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101363/42347680

この記事へのトラックバック一覧です: 今日から9月、:

« ゆく夏や、 | トップページ | 椅子張生地、 »