« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月26日 (土)

ハッカ油、

110226

 最近、漆に手を付け始めました。ずっとやりたいとは思っていたのですが、いまの製作環境ではホコリや漆を乾かすための風呂などの問題をクリアすることが難しいと思っていたので先延ばしにしていたのですが。

 いつまでもそんなことを言っていては埒が明かないので、少しずつですが始めて見ることにしました。

 そうそう簡単にねらったところへ落とせるようになるとはよもや思えませんが。少しずついろんな所へ持って行ったりしようと思っていますので、その時は感想など聞かせてください。

 ところで、昔も木工の学校に行っていた時代に少しかぶれたことがあったので、甘く見ていたわけでもないのですが。

 漆は一度かぶれると慣れてくるとかぶれなくなるという話と、アレルギーのように?だんだんひどくなっていく
という話と両方あるようで、どちらなのか、体質によって両方あり得るのか?と思うのですが。

 まあ、あまり神経質になりすぎずに少しかぶれても良いか、位のつもりで始めてみているのですが。

 案の定、かぶれました。

 その画はあまりお見せするような物でもないので止めておきますが。腕の内側が「ひどい汗疹だねー、」位ですみました。

 ただ、やっぱり痒くて。起きているときは良いのですが、寝ているときに掻いてしまうことも多いので。私はかゆみ止めにハッカ油を使っています。

 漆にかぶれたら熱いお湯に浸けるとかゆみがひくというようなことは良く聞く様に思うのですが、ハッカ油を塗るという話は他で聞きません。

 が、私としてはお薦めします。ハッカ油を霧吹きなんかでかぶれたところに吹き付けて少しすると、ひんやりして来るというか、肌の表面がキュッとするという感じがして、かゆみがひきます。

 ハッカの匂いが弱いという人はダメかもしれませんが。

 ハッカ油は虫除けにもなるし、昔、野外調査の仕事をしていたときに真夏の猛烈に暑いときなどは、服の上から数回、霧吹きすると、ひんやり涼しくなって楽になるので、ずいぶんお世話になった物です。

 というわけで、漆かぶれのかゆみ止めにハッカ油、良かったらお試しを。そして、効果があった!というのがあったら教えてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »